Omid16B

Artist (JP)

Omid16Bの音楽に対する世界観は、私たちの感情の流れを左右したり、考えを変えることができたり、自分自身を表現するという愛情そのものだ。

DJ達やプロデューサーは指に鼓動を持っているが「Omid16Bが鼓動だ。彼の音楽は静脈を介して鼓動を放つ。」(DJマガジンより)

オミッド・ノーリザデッハことOmid16Bは、比較する必要のない最前線のエレクトロ・ミュージックDJだ。
DJ、プロデューサー、ソングライター、ミュージシャン、レーベルのボスをもこなす彼は、世界で最も有能で尊敬されるミュージシャンやプロデューサーの一人として、多くのユニークなキャリアを築き上げてきた。

彼はCarl Craig、Vince Watson、Craig Richards、Mr. C、Steve Bug、Francois Kらと一緒に、90年代前半のテックハウス·ムーブメントの先駆者のリーダーの一人である。

ペルシャ人の血を引く彼はロンドンで育ち、Jimi Hendrix、The Cure、Depeche Modeらに心地の良い刺激と使命感を受けた。リッチモンド大学在籍中に数種類の楽器を自在に引きこなし「音楽室が自由に使えるときは勉強せずにレッスンに明け暮れた。」
16歳の時、故郷Putneyで始めてThe Reunionというバンドでパブを中心に出演を果たし、その後二年間ロンドンで活動した。
90年代前半”Acid House”が来た時、彼は絶対的に妥協しない自己を表現するための生産性と独立性について詳細を学び、徐々にインディーロックに基づいてエレクトロニックが強くなっていった。1994年にDeep House中心のレーベル”Alola Records”を立ち上げ、2002年にTech House主導の”SexOnWax·Recordings”の立ち上げに踏み出した。

印象的なディスコグラフィーを使用してLPsとコンピレーションアルバムのリリースをし同時に、Eye Q、Hooj Choons、Stomp/EQ、Yoshitoshi、Ministry Of Sound、Tsuba、Bedrockらと契約を交わした。彼は様々なキャリアを通して最高の状態を維持していた。妥協する事を除いては…

彼は様々な名前で活動していた。
Phaser、16B、Pre4、OTC、Changing Shape、Sixteen Souls、 Millon Dollar ManそしてOmid16B。
1998年にStrongHouseから”Trail of Dreams”、Alolaから”Secrets”、そしてデビューアルバム”Sounds From Another Room”をリリースし、Ben Bodie、Sven Vath’s、EyeQとの契約を果たした。
Andrew Weatherall、Stacey Pullen、Deep Dish(Dubfire & Sharam)らによってremixされた”Black Hole”、”Falling”を含むデビューアルバムをライブで行いそれは英国のテレビで放送され”Water Ride”の多くのオーディエンスに大きな影響を与えた。

今も尚、”Alola”からセールされている”Snow”が、SexOnWaxから再リリースされ、一早く反応をみせたのが、James Bartonがボスを務めるA&R/BMG Deconstructionだった。
1999年に彼自身によってremixされた”Snow”は、イギリス国内でヒットを飛ばしメジャーレーベルへのし上がった。
さらに、Glasgowの”Under The Counter”は、 Million Dollar Man in 2000からTech Houseのキラーとして”Seriusex”と”Pink Yo Black”二曲のシングルをリリースさせた。2002年にHooj Choonsを迎え、セカンドアルバム”How To Live 100 Years”をリリースし、”InBetween Your Choice”は、他にはないインパクトを作り出している。”How To Live 100 Years”からリリースされたシングルコレクションでもある。”The Game”(originally on Disclosure 1997)は改たにremixされ、”Doubt”はthe garage style grooverな感じにremixされた。”Escape”(Driving to Heaven)は、Richard Morelのヴォーカルとコラボレーションさせユニークかつ影響力のある一曲を生み出し成功させた。

この時、彼がremixした”True”は、SashaとDeepDishの心強いサポートを受け、再びAcid Houseの雰囲気を復活さ、CreamerとK’sのremix、”wish you were here”、Steve Lawlerの”Rise In”のユニークさがこの世界のプロデューサーに影響を与え、今や最も忙しいプロデューサーの一人となった。
“Hooj”には、Halo Vargaによる”Future”、Yoshitoshiによる”Mysterious People’s”、Red Jerryの”Fly away”が含まれ、Red Jerryがボスを務めるAirtightとHoojが大きな役割を果たしている。
まず始めにWaveから許可を得て、Francois Kの”Tout Est Bule”をremix後、Marshal Jeffersonsの”Mushrooms”、遂には、ソロで”Changing Shape”をレーベルからリリースさせた。(2013年に再リリースさせる)

リミックス観点から、彼はLana Del Rey(Alolaからリリース予定)、Morel、Natasha Atlas、The Cure、Gus Gus、UNA、Creamer & K、Danny Howells、Francois Kevorkian、Steve Lawlerらに影響とさらには、Pete Moss、Groove Armada、Telex、DeepDishにまで及ぶ。
Depeche Modeの”Enjoy the Silence”やPrinceの”Kiss”をremixし、彼の勢いあるBootleg-styleは、mashuupさせたプロデューサーの一人である。

また、業界のイノベーターとしての名声を獲得してきたが、常に音源のための実験的なリリース戦略の最前線に立ってきました。DJマガジンとのコラボレーションでは、2006年、”Face Off”を始動させ、2007年にリリースした”Like 3 Ears & 1 Eye”は最も成功したひとつであり、当時クラバー達にショックを与え、英国で35,000人を超えるファンが駆けつけた。2008年、SexOnWaxよりリリースされたアルバムは他に類のないアルバムとなった。

2010年、彼の他に類を見ない作品は、”Sequential EP”、ヘドニズム的な”To Tun To”、ラブソングの”Same As You”、SexOnWaxから”Epic”などをリリースし喝采を浴びた。

オミッドの最新コンピレーションプロジェクトは、Alolaサウンドより2013年リリースされる。
– Vol.1: Mixed by Omid16B
– Vol.2: Mixed by Demi(NAV), Charles Webster, Vince Watson, DJ Q, MR C, Trevor Loveys, Anthony Teasdle, Kevin Beber, Kein Mckay

DJとしても、ヨーロッパ、米国、アジア全域への国際的なスケジュールやツアー活動をこなし、Deep Houseから様々な心を奪うセット知的に生み出し最高のパーティをし続けている。彼はセットを通してオーディエンスと一体になることを目指し、それはパフォーマンスを鼓舞しダンスフロアから最高の反応を引き出す。

2011年と2012年は彼にとって最高の年となった。
彼は多忙なスケジュールの中、Alolaより”At Night”、”Rain/Paddion of Zorro”、Jone Digweedの原点である”The Night/Electronics”をremixしリリースさせた。Carl Craigのパーティ、SnowbombingのStage E、クロアチアのMTVフェスティバル、ロンドンのSW4メインステージ、DJマガジン20thアニバーサリー、Space Ibiza、Space Closing party、Bestivalなど数々のフロワーでプレーしている。

DJ、プロデューサーとしてソロ作品に加えて、SOSとして知られているDemiとDesyn Masielloらとの音作りと作曲する上で主導的な役割を果たしてきた。数年ののち、SexOnSubstanceとThe Planetツアーを行い、Stomp/EQ、Ministry of Soundから絶賛された。ラジオセッションやSOSとしてトリオで世界のDJ集団の先頭に立ち、技術的にも高く評価されている。

SOSとしてセレクトショーを続ける一方、再びソロ作品、レーベル、レーベルアーティストに焦点を当て続けている。

2012年夏にAlolaより”Melodica”をリリースし、SexOnWaxの”Slap”はDa Billa、Demi、Paolo Mojo、SLPらとのremixを果たしたところである。

2013年には、新たなレーベルとしてSideWays、GrooveGarden Recordingsの立ち上げとニューアルバムのリリースの準備を開始しする。長年積み重ねてきたテクニックをアルバムで聴く日も近いだろう。
印象的なディスコグラフィーとカリスマ性を兼ね合わせたOmid16Bは、真のパイオニアなのだ。